葬儀の花の種類

  Posted in , 葬式 on

  by wordpress

お葬式にお花を贈る方って多く見られると思いますが、皆さんはどんなお花を想像しますか?
献花?枕花?供花?一般的にお葬式等にお供えするお花の読み方って・・・意味って??な方も多いのでは?
お葬式の時に私も疑問に思ったことがあります。
献花(けんか)・・・これは仏式のお葬式ではあまり見かけないでしょうけど、無宗教のお葬式やキリスト教のお葬式でよく見かけます。
すごく大雑把な考え方(覚え方)なのかもしれないですが、私の感覚ですがお焼香の代わり?のイメージですね。
お葬式の祭壇に葬儀に参列した方がお花を手向けるという行為なので。
献花に使われるお花はあらかじめ用意されていることが多いです。
枕花(まくらばな)・・・これは亡くなった方と親しかった方や血縁者が故人の枕元に手向けるお花のことです。
白っぽいお花のアレンジなんかが飾られていることが多いように思います。
私的なことですが祖母がなくなった時、孫一同で彼女が好きだったお花をアレンジメントフラワーにして枕花にしてもらいました。
葬儀社で用意もあると言われた記憶もあるので、恐らく頼めば葬儀社で手配もしてくれるのかもしれません。
供花・・・『きょうか』と読むことが多いですが『くげ』と読むこともあるようです。
お坊さんが『くげ』と言っていた記憶がありますので、仏教用語なのかもしれませんが・・・。
これはお悔やみの気持ちを伝えるのと祭壇・斎場を飾るお花です。
祭壇の前や斎場の左右に並んでいる、名前や社名などがついたお花が供花というように私は覚えてます。
お葬式などで使われるお花といっても種類も読み方も・・・ちょっと簡単に覚えておくといいかも知れません。